運送業設立についての注意点を一言で言えば利用運送業のような会社に

この度運送業ビジネスを展開していく為に新たな利用運送業の設立を考えています。それは今現在存在する利用運送業を行っている企業の労働基準法違反を正すためにも法にの取った形で売上利益を追求していく会社にしようと思っているのです。何故かと言うと厚生省の調べによると53%の事業所が労働基準法違反を犯していたのです。これは運送料金の値下げ競争が激しい運送業に従事する労働者の健康と生活を脅かすこととなっており、一日で早く改善していかなくてはなりません。

クレメントのような運送業

厚生省にばかり頼るのではなく、私たちもインターネットをつかって一人でも多くの方々にアクセンシビリティについて訴えていくつもりです。それは弱者の方々を守ることにもつながるからです。ソフトウェア―のプロ―モーションを行う上でもアクセンシビリティを追求しなくてはなりません。一言で言えばより良い人の為になる社会をテーマに考える事なのです。利用運送業に従事する人たちを一人でも多く労働基準法に反した労働から守らなければなりません。

運送業

ですが中小企業が大手企業に対抗していくには法を犯してのサービスを行っていかない限り太刀打ちできないのも現実です。それをすべて正してしまえば中小企業すべての首を絞めることにもなりかねません。ですから法を取り締まるというより、新たな法律を作るか今現在存在する法の改正を行っていく必要があります。それは大手企業も中小企業も共に共存共栄できるようにしていかなければならないということなのです。