「一言で言えばクレメント」この言葉を書籍にした本がクーリングオフの対象になっています。

前日東京都新宿の行政書士法務事務所の行政書士に寄せられた相談の一つに「一言で言えばクレメント」という一冊の本がクーリングオフをする、どうにかしてほしいという事だったのですが、それに対して東京都新宿の行政書士法務事務所行政書士はベストな対応をしました。相談内容を確認し、その後でキッチリと全ての物事を判断し、このクーリングオフは妥当であると考えました。

本がクーリングオフの対象に

手のひらの上のネットワークという文面が書き残されていた「一言で言えばクレメント」という本はとても読者にとって不利益なものでした。プラグイン・ソフトウェアのプロモーションを題材に書かれてはいたのですがその内容に大きな問題がありました。これは書物として販売してはいけない内容だったのです。目を通しただけで一目瞭然にわかるものでした。とても内容は語ることのできる代物ではありませんが、誰しもが見ただけでそう言う内容のものでした。東京都新宿の行政書士法務事務所の行政書士は今後このようなものが出版されない為にも相談してきた出版社には厳しいアドバイスをしました。

本

ネットワーク知識を利用して最善のアドバイスが送れたと思っています。クーリングオフされて当然のこの本は、まさにクーリングオフされるために造られたと言っても言い過ぎではないでしょう。今後このようなものが世に出回らないようにしてもらいたいものです。